シャンタンアート オフィシャルサイト

シャンタンアートは高次元のエネルギーを転写した”観るだけで癒やされる 高波動アート”

神の唇にあてられた中空の竹

f:id:shantamart:20211222090542p:plain

 
東洋で私たちは常に実存を横笛で象徴してきた。

神の唇にあてられた中空の竹。

その歌は神のものだ。

横笛に歌うことはできない。

横笛はただ、歌うことが、歌い手が、歌が、
自らを通って流れるのを許すことしかできない。

実存は通路だ。

人間もまたそうだ。

人間は横笛、鳥たちも、そして、木も、太陽も月も。

実存全体が中空の竹だ。

神がそれを通って流れている。

それを通ってにじみ出ている。

何百万もの方法で表現されている。
 
 
Osho
 
 
 
 
Shantam art Catalog
 
 
 
 

 

「信頼について」oshoの言葉から

f:id:shantamart:20211222090148j:plain

 
信頼の人という言葉があるが、
それは彼がなにを信頼するかを意味しない。

彼はただ信頼する。
それは彼の純真さだ。

たとえ、その信頼のせいで騙されても、
そのことは問題ではない。

なぜなら、信頼は、
彼が騙されてきた小さなことよりも
価値があるからだ。

あなたは彼からすべてを奪うことができるが、
彼の信頼を奪うことはできない。
 
 
Osho 
 
 
>「信頼について」oshoの言葉から
 
 
 
 
Shantam art Catalog